ゴーン逃亡で弁護士の責任は?弘中氏は「寝耳に水」と関与否定!

ゴーン,逃亡,弁護士の責任

逃亡したカルロス・ゴーン氏ですが、弁護士に責任はあるのでしょうか?

もしなければ誰に責任があるのでしょう。

今回は、ゴーン氏の弁護団の発言などをもとに責任の所在をまとめてみました。

 

スポンサーリンク



 

ゴーン逃亡で弁護士の責任は?

ゴーン,逃亡,弁護士の責任

カルロス・ゴーン氏がレバノンに逃亡した件で、責任が誰にあるのかが問われています。

ゴーン氏の全面無罪を訴えてきた弁護士団は「寝耳に水」と話していました。

寝耳に水」とは、思いもよらないことが起きてびっくりしている様を表すことわざですが、それだけびっくりしたんでしょうね!

まぁ保釈中に逃亡するなんて前代未聞でしょうし、こんなことが起こるなんて想定もできないでしょうね!

 

弘中弁護士は大きな組織があるのではないかとコメント

ゴーン,逃亡,弁護士の責任

前会長から事前に出国の連絡は一切なく、パスポートも弁護団で保管していたといい、「背景に大きな組織が動いたとしか思えないが、心当たりはない」と述べた。

引用:https://mainichi.jp/articles/20191231/k00/00m/040/130000c

確かに大きな組織が暗躍していたとしか思えないですね。

逃亡には楽器ケースに入り、プライベートジェットで国外に出国したと言われています。

保釈時の制限として妻に会ってはいけないことやネットの制限、海外への渡航などがあったそうですが、そんな中で彼が秘密裏に全て準備したとは考えにくいです。

そうなると、どうやってコンタクトを取ったのかはわかりませんが大きな組織が楽器ケースやプライベートジェットを準備したんじゃないかと思えてきます。

一般市民じゃ準備できないものを用意できてしまえるあたりから、政治的な関与も考えられそうな気がしますね。

 

スポンサーリンク



 

弘中弁護士はは「出国は犯罪じゃない」とコメント

ゴーン,逃亡,弁護士の責任

外国人が出国することに「出国は犯罪じゃない」とコメントした弘中弁護士ですが実際はどうなんでしょうか?

『出入国管理及び難民認定法』をみてみるとこのような序文がありました。

出入国管理及び難民認定法
第二十五条 本邦外の地域に赴く意図をもつて出国しようとする外国人(乗員を除く。次条において同じ。)は、その者が出国する出入国港において、法務省令で定める手続により、入国審査官から出国の確認を受けなければならない
2 前項の外国人は、出国の確認を受けなければ出国してはならない。

引用:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=326CO0000000319

ゴーン氏の逃亡に関して、現在ある情報だとプライベートジェットに秘密裏に搭乗し、さらには身を隠すために楽器ケースの中に潜んでまで逃亡しているようです。

今回の出国に関していうのであれば、法務省令で定める手続きをとっていないので、明らかに犯罪行為ということになるんじゃないでしょうか?

そうなると弘中弁護士が入っている「出国は犯罪じゃない」と入ったコメントは矛盾している気がします。

関与はしていないにしても弁護士として『出入国管理及び難民認定法』を知らないわけではないような気がするんでそうがどうなんでしょうか。

 

ゴーンは鍵付きパスポートを持っていた!

ゴーン,逃亡,弁護士の責任

この記事によると、ゴーン氏が在留資格がなくなったため、パスポートを所持しないといけなくなり、鍵付きの透明ケースに入れたパスポート(フランス旅券)を持たせていたことがわかっています。

ゴーン被告が日産の役職を解かれて日本の在留資格の証明書を失い、入管法の規定で旅券の携帯義務が生じたため、弁護団が保釈条件の変更を請求した。東京地裁は昨年5月、中身が見える鍵付きの透明ケースに入れたフランス旅券1通の携帯を被告に認めたという。ダイヤル式ロックの番号は弁護団が管理し、被告には伝えていなかったという。

引用:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-50969818

難しいところではありますが、旅券を持っていないといけない理由があったのならば持たせていないといけないでしょう。

 

でも鍵付きとは言えどれぐらい丈夫なんでしょうね?

ゴーン氏はフランスのパスポートを使用して入国したと報道されています。

ゴーン被告の広報担当者はフィナンシャル・タイムズに対し、同被告がフランスのパスポートを使ってレバノンに入国したと述べた。しかし、どのように日本を出国したかについては明かさなかった。

引用:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-50969818

透明ケースというのであれば、ビニール素材だったんでしょうか。

素材に関してまではどこにも乗っていなかったですが、壊せれるレベルのものだったんでしょうね。

 

結局、責任は誰?

ゴーン,逃亡,弁護士の責任

結局、誰が責任になるのでしょうか?

検察は最初から逃亡するのではないかと疑っていたようです。

保釈を許した裁判所なのか、保釈させてしまった弁護士団なのか。

担当弁護士の弘中惇一郎弁護士は関与を否定しているし、弘中氏を含め弁護士団に責任はないでしょう。

中には弘中弁護士を批判する声も上がっていたようですが、かなりお門違いですね。

逆に言えば弘中弁護士はそういう意味では被害者になっているのかもしれません。

ただ日本の司法としては重要人物を海外に逃亡させてしまった以上、面目は丸つぶれでしょう。

 

カルロス・ゴーンの弁護士に関するツイッターの声

 

ゴーン逃亡で弁護士の責任は?弘中氏は「寝耳に水」と関与否定!のまとめ

ゴーン,逃亡,弁護士の責任

POINT

・カルロス・ゴーンのレバノン逃亡に弁護士に責任はない。 

・責任の所在は不明だが、日本の司法は面目丸つぶれ!

 

いかがでしたでしょうか?

毎日のようにゴーン氏の話題が飛び交っていますね!

今後、どのような発展していくんでしょうか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

関連記事についてはこちらをご覧ください⬇︎

ゴーンの保釈金はどうなる?逃亡したら15億円は没収に?

ゴーン逃亡に海外の反応は?レバノンでは「英雄」の声も!

ゴーンの弁護士 弘中惇一郎の事務所はどこ?実力や経歴は?

ゴーンの逃亡経路まとめ!協力者や楽器ケース、旅券の謎は?

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!Nai(ナイ)と言います。 日々の話題を提供できたらと思い、ブログを立ち上げました! 明日、学校の友達や職場の仲間と話せる話題を提供できたらと思っています。