第三次世界大戦 未来人の予言は当たる?2020年はこうなる!

第三次世界大戦,予言,未来人

今日の朝から『第三次世界大戦』がトレンド入りしていましたね!

第三次世界大戦は起きるのでしょうか?

いろいろ調べていると未来人の予言なるものがたくさん出てきました。

ほかにも第三次世界大戦を予言している人も!

今回は、『第三次世界大戦』を予言しているものの中で、興味深いものをいくつかまとめてみたのでご覧ください。

 

スポンサーリンク



 

第三次世界大戦は起こるのか?

第三次世界大戦,予言,未来人

本日、『第三次世界大戦』の言葉が世界レベルでトレンドワード入りしていました。

ここ数年前から、第三次世界大戦は起きるのでは無いかと言われていましたがトレンド入りしたのはびっくりですね!

今回の件は、イラン革命防衛隊のそれソレイマニ司令官がアメリカからの空爆で死亡したことで、イランの最高指導者アリー・ハメネイ師が「報復」をすると宣言したんです。

それにより世界で『第三次世界大戦』に関係するワードが飛び交ったということです。

 

参考記事はこちらです。

   報道を総合すると現地時間3日、イラン革命防衛隊の実力者として知られるカセム・ソレイマニ司令官が、イラクの首都・バグダッドで空爆を受けて死亡した。米国防総省は、この殺害がドナルド・トランプ大統領の命令によるものだと発表、トランプ氏もソレイマニ氏が米国側への攻撃を計画していたとして、「戦争を止めるため」攻撃を行ったと述べた。

当然、イラン側は強く反発しており、最高指導者アリー・ハメネイ師が「報復」を宣言した。米国もイラクに滞在する国民に国外退避を呼び掛けるとともに、軍の増派を決めるなど、情勢は緊張の度を強めている。

世界各国では、この対立が大規模な軍事衝突、ひいては「第三次世界大戦」につながるのではないか、との不安が強まっている。こうした中で、ツイッターでは第三次世界大戦を指す「WWIII」「worldwar3」などのキーワードが、投稿の多い単語を集計するトレンド欄の上位を占めている。

引用:https://www.j-cast.com/2020/01/04376377.html?p=all

全世界の人間が戦争に関して世界レベルで危機感を感じたっとこですよね?

これはちょっと怖いですね。

 

『第三次世界大戦』を予言した人たち!

今回は『第三次世界大戦』を予言している人たちをまとめました。

予言①:ローマ教皇

第三次世界大戦,予言,未来人

ローマ教皇フランシスコ氏は「すでに第三次世界大戦がはじまっている」といい、2020年にはリアルな戦争に発展するかもしれないと言っています。

「ローマ教皇フランシスコは’16年7月に、すでに『第三次世界大戦が始まっている』とハッキリ明言しています。ローマ教皇は目に見えない大国間の経済戦争のことを指摘したと言われますが、’20年にはリアルな戦争に発展するかもしれません

引用:https://friday.kodansha.co.jp/article/88196

 

ローマ教皇に未来を予言する力があるのか正直わかりませんが、カトリックのトップになるようなすごい人が言うと何故だか信じたくなってしまいますよね?

予言というよりは、経験から基づく予測なのでしょうか。

ローマ教皇については他の記事でもまとめているのでこちらをご覧ください。

関連記事はこちら⬇︎

ローマ教皇(法王)の歴代と現在は誰?初代はイエスの弟子?

ローマ教皇(法王)の帽子の名前や意味は?なぜ落ちないの?

ローマ教皇と法王の違いは?実は辞書にも載っていない!

 

予言②:アインシュタイン

第三次世界大戦,予言,未来人

あの相対性理論で有名なアインシュタイン博士も第三次世界大戦を予言していました。

現実に発達した科学兵器を用いた大戦が起きたら、世界はどうなるか。天才科学者は答えた。「第3次世界大戦がどのように行われるかは分からない。だが、第4次世界大戦が起こるとすれば、その時に人類が用いる武器は石とこん棒だろう

引用:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/494118/

 

なんで第4次世界大戦が起きたら石とこん棒なのかかわりますか?

アインシュタイン博士は第三次世界大戦が起きたら核兵器で世界が崩壊してしまい、何も残らない世界になるからその次に起こる戦争は石とこん棒だろうって言ったそうです。

ということは第三次世界大戦はそれだけひどい戦争になるってことを予言しているみたいです。

ただアインシュタイン博士に予言者としての能力があるのかよくわからなかったですが、記録には残っていました。

 

予言者の予言①:聖徳太子

第三次世界大戦,予言,未来人

実は聖徳太子も『第三次世界大戦』を予言していたと言われています。

聖徳太子は予知能力を使って、将来のことをいろいろ言い当てた予言者でもあったと言われています。

その中には黒船来航や第二次世界大戦なんかも言い当てています。

聖徳太子の予言では2019〜2030年の間に、クハンダが訪れると言われているようです。

クハンダの意味はわかっていませんが、ある説によると南海トラフ地震か第三次世界大戦と言われているようです。

日本に馴染みの深い聖徳太子が第三次世界大戦があると言われたら、日本にも影響があるってことになるんですかね?

予言者の予言②:ババ・ヴァンガ

第三次世界大戦,予言,未来人

ババ・ヴァンガ(Baba Vanga)とはブルガリアの予言者で13歳の時に竜巻にあって視力を失います。

その後からたくさんの予言をするようになったらしく、その予言の的中率が80%ととても高かったそうです。

1996年には85歳でなくなってしまわれているんですが、あまりに的中するのでブルガリアの王様までアドバイスを受けに言ったとされています。

 

その中で「2019年の予言」内容を紹介していきます。

氷のように全てが溶ける。しかし、一箇所だけ手つかずの領域が残るだろう。それは、ウラジミールの栄光、ロシアの栄光である」(ヴァンガ)

多すぎる犠牲者が出るが、誰にもロシアを止めることはできない」(同)

「ロシアが全てを取り去ってしまう。そして、ロシアは残るだけではなく、世界の覇者となる」(同)

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201803_post_16356/

 

ここに書いてあるところで「ウラジミール」というのはウラジミール・プーチン大統領のことだと言われています。

そのロシアが栄光を手に入れると書いてあるということは戦争で勝つってことなんでしょうね。

「多すぎる犠牲者」ってのが、世界大戦を示しているようです。

そして怖いのが「氷のように全てが溶ける。」というのが核戦争を示しているんじゃないかってことです。

もしそうだとしたら表現が怖すぎる・・・

 

スポンサーリンク



 

未来人の予言①:マイケル・フィリップス

第三次世界大戦,予言,未来人

ここからぐっと未来っぽい話になります。

2043年生まれの未来人が2075年からタイムマシンで現代にやってきて語った内容です。

「2075年から英国国防総省のタイムマシンで現代にやってきたという、マイケル・フィリップスという兵士が警鐘を鳴らしています。彼は過去の特殊偵察部隊員だそうです。フィリップスによると、中国・ロシアの同盟勢力と英米を中心にしたグループとの間で紛争が発生。’20年に核戦争が起きるとか。核の使用は限定的ですが、戦争は3年間におよび全世界で数百万人の犠牲者が出ると言われています。核戦争の影響はフィリップスのいる時代にも及び、放射能で荒れ果てた荒野が世界各地に広がるそうです」

引用:https://friday.kodansha.co.jp/article/88196

このマイケル・フィリップスの話では世界はパラレルワールドになっていて、タイムトラベルで避けられた悲劇があるって話です。

なのでうまく運べば第三次世界大戦は避けれるのかもしれません。

英語ですが動画もあったので載せておきます。

 

未来人の予言②:ジョン・タイター

第三次世界大戦,予言,未来人

もう1人の未来人が2036年からきたというジョン・タイターという人です。

彼は2000年からネットの書き込みに未来から来たトラベラーだと語って話題になったようです。

タイターが書いた未来についてネットにあったので載せておきます。

タイターの書き込んだ未来

  • 2015年、ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカ、中国、ヨーロッパの主要都市に核爆弾を投下。アメリカが反撃し核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する。その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国が覇権主義を強化。台湾、日本、韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。
  • 2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。
  • 2020年、アメリカ都市部の勝利により内戦が終わる。ロシアの援助によって、新たな連邦政府が成立する。アメリカの地方区分は、現在の州ではなくなる。分裂したときの5勢力で構成され、社会主義国家に近くなる。内戦後の生存者は図書館や大学の周りに集結してコミュニティを形成している。新たな連邦政府は首都を現在のネブラスカ州オマハに置いている。アメリカ以外のほとんどの国も社会主義国家のような体制になっていく。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC

2015年に第三次世界大戦が起きると書いてありますがもう過ぎちゃってますね。

とはいえ、まだ何が起きるかわかりません。

そしてどちらかというとババ・ヴァンガと真逆な感じですね。

ババ・ヴァンガは世界大戦でロシアが勝つと言っていますが、タイターはロシアが負けると言っています。

ジョン・タイターが予言して当てたできことにはこのようなものもありました。

・イラクが核兵器を隠しているという理由で第2次湾岸戦争が起きる。
・アメリカ国内にも狂牛病が発生する。
・中国人が宇宙に進出する。
・新しいローマ法王が誕生する。
・アメリカの内政悪化(イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化)

ここまで当てていると本当に当たりそうで怖いですね!

 

第三次世界大戦に関するツイッターの声

 

第三次世界大戦 未来人の予言は当たる?2020年はこうなる!のまとめ

第三次世界大戦,予言,未来人

POINT

・『第三次世界大戦』がトレンド入り!

・未来人や予言者など『第三次世界大戦』を予言した人はローマ教皇、アインシュタイン、ババ・ヴァンガ、未来人マイケル・フィリップス、未来人ジョン・タイター!

 

いかがでしたでしょうか?

以外にも第三次世界大戦を予言した人は多かったですね!

実際、起きるのかどうかわかりませんが気になるのは日本人の危機感です。

ある記事に、第三次世界大戦が世界レベルでトレンド入りしているのに日本はゲームに関するワードがトレンド1位だったとか・・・

もうちょっと危機感を持って発言したほうがいいかもしれませんね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

関連記事についてはこちらをご覧ください⬇︎

第三次世界大戦に自衛隊は参加する?日本国憲法の観点から考えてみる!

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA