【iPhone】5Gの買い時はいつ?見送るべき3つのポイント!

iphone,5g,買い時

iPhoneの5Gってすごく魅力的!早くほしい!すぐに購入しなきゃ!

と思っているappleユーザーの方も多いのではないでしょうか?

通信速度の進化によってオンラインゲーム等のタイムラグが今よりもさらに無くなるということで、僕も早く体感したくて仕方ありません!

ですが、今は購入を見送りましょう

え!?なぜ性能が良いのに待つ必要があるの?

今回はiPhone5Gの買い時はいつなのか?なぜ今は見送るべきなのかを書いていきます!

 

スポンサーリンク



 

【iPhone】5Gを見送るべき3つのポイント!

iphone,5g,買い時

5Gって通信スピードや大容量、多数端末接続など4Gからかなりの進化を遂げるみたいですが、なぜまだ見送るべきなのでしょうか?

ここでは見送るべき3つのポイントをご紹介していきます。

 

見送るべきポイント①:5G対応エリアが不十分?

iphone,5g,買い時

日本では2020年3月から5Gサービスが開始されました。

ですがその対応エリアはまだまだ少ない印象です。

日本国内大手の通信キャリア3社が5Gを開始しましたがその3社が発表している5G対応エリアがこちらです。

 

NTTドコモ    :全国150か所

KDDI(au):15都道府県の一部エリア

ソフトバンク    :東京、大阪、愛知などの一部地域

 

ドコモの150か所と聞くと多くみえますが、よくよく調べてみたらまだ都市部が中心ですし5Gエリアのない都道府県もあります。

今後対応エリアは増えていくようですが、全国どこでも使えるようになるのはまだまだ先の話なのです。

 

見送るべきポイント②:5Gのデータ通信コストが高い?

iphone,5g,買い時

データ通信コストも高くなります。

5Gをすでに開始している国内通信キャリアの平均通信コストは月額7,500円ほど。

これは、現在流通している4G端末に比べて1,000円ほど高い計算になります。

1,000円も年間にしたら12,000円ですからね。割と痛いんです。

5Gのスマートフォンは、本体価格も10万円以上とかなり高いので、お金に余裕がないのであれば確実に購入は見送るべきでしょう。

 

スポンサーリンク



 

見送るべきポイント③:5G対応端末は分厚くて重い?

iphone,5g,買い時

何事も重さは大切だと思います。

リュックが少しでも軽いと肩への負担が減りますでしょう?

5G対応端末は分厚くて重い印象があるのです。

すでに5Gとして発売されている「GALAXY S20」と4Gである「GALAXY S10」のサイズを比較してみましょう。

GALAXY S20:分厚さ151.7mm 重量163g

GALAXY S10:分厚さ149.9mm 重量158g

実際に持ってみるとやはりGALAXY S20の方が重く感じました

さらに分厚さですが、約1mmほどGALAXY S20の方が厚みがあります。

重いと腕にもきますし疲れるのでやはり少し検討すべきだと思いました。

 

【iPhone】5Gに関するツイッターの声

iphone,5g,買い時

 

【iPhone】5Gの買い時はいつ?見送るべき3つのポイント!のまとめ

iphone,5g,買い時

まとめ

・iPhone5Gの対応エリアがまだまだ不十分。

・iPhone5Gのデータ通信コストは約1,000円高くなる。

・iPhone5Gの端末の分厚さ重さは4G端末よりも分厚くて重い。

 

いかがでしたでしょうか?

今回はiPhone5Gの購入を見送るべき3つのポイントをご紹介しました。

まだ5Gが普及するのに時間がかかりますし、データ通信コストも高いので、今すぐに焦って購入することはないと思います。

もちろん近い将来には5Gも流通し、快適な5Gライフを送ることは間違いないので、対応エリアが増えることに期待して待ちましょう。

最後まで見てくださってありがとうございました!

 

関連記事についてはこちらをご覧ください⬇︎

【iPhone】5Gはいつ出る?発売が延期する可能性が?

5Gはいつから使える?日本でiPhoneの5Gが使えるのはいつ?

【iPhone】5Gで何が変わる?どこまでSFの世界に近づくのか?

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA