ゴーンの元妻がレストランを経営していた?現在の経営状況は?

ゴーン,妻,レストラン

海外への逃亡でゴーン氏の話題が盛り上がっていますね!

ゴーン氏の元妻が東京都内でレストランを経営していたことがわかりました。

どんなレストランなんでしょうか?

今回は、ゴーン氏の元妻が経営していたレストランについて調査してみました!

 

スポンサーリンク



 

ゴーンの元妻はリタ!

ゴーン,妻,レストラン

ゴーン氏の元妻はリタ・ゴーン(現在の姓は不明)といい1965年生まれで現在は55歳前後でしょうか。

ゴーン氏とは11歳年下です。

リヨン大学薬学部に進学してフランスに滞在中に、ミシュランの工場長を務めていたゴーン氏と出会って、1985年に結婚しています。

当時リタさんは20歳なので学生結婚という事になりますね1

ゴーン氏とリタさんの間には4人の子供(娘が3人と息子が1人)がいます。

子供についての詳細はまた別の機会があれば掘り下げていきますね!

 

そしてリタさんは本も出されていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ゴーン家の家訓 / リタ・ゴーン
価格:795円(税込、送料無料) (2020/1/3時点)

 

お店に、本の出版にと行動力がすごいですね!

ゴーンの元妻リタはレストランを経営していた!

ゴーン,妻,レストラン

ゴーン氏の元妻リタさんは2004年3月から代官山でレバノン料理を出すお店をオープンしています。

そしてかなり反響だったらしく、週刊ポストにもその大繁盛していると記事にされていました。

日産ゴーン社長夫人経営のレストランが大繁盛

週刊ポスト 2004年12月24日号

鋼材不足による減産の見通しが明らかになった日産自動車だが、カルロス・ゴーン社長は「世界で100万台を増販する」という公約の達成に意気軒昂の様子。

この夫にして、この妻あり。そう思わせるのが夫人のリタ・ゴーンさん(39)だ。今年3月、東京・代官山に日本人の友人とオープンしたレパノン料理専門店『マイ・レバノン』が大繁盛なのである。

ちなみにリタさんはゴーン氏と同じくレバノン出身。フランスで薬学を学んでいた84年に、同じくフランスでミシュラン・グループの工場長を務めていたゴーン氏と出会い、翌年に結婚。世界を股にかけて夫を支えてきた。
そんな社長婦人がなぜレストランを?

さっそく本誌記者は、東急東横線・代官山駅から歩いてすぐのビル地下にある同店を訪ねた。大勢の客で賑わう中、リタさん本人が流暢な英語で気さくに応じてくれた。

「出店を思い立ったのは昨年12月でした。日本に本格的なレバノン料理店がないことがいつも不満で、『ならば自分でやろう』と考えたのです。以前から、私の作るレバノン料理は日本の友人に好評でしたから、日本人に受け入れられるという確信は十分にありました」
と、自信たっぷりに語るリタさんだが、オープンして半年間はゴーン氏の妻であることを明かさずに営業を続けてきた。そのため、日産自動車の社員でさえ、ほとんど知らなかったようだ。

「日産の社員のおかげで繁盛していると思われたくないですからね。今日初めて6人組のお客様から『ミセス・ゴーン。私たちは日産の社員です。一緒に写真を撮ってください』と声をかけられました。私は日産のパンフレットなどに顔がよく出ていますから社員の皆さんはよく知っているのです。もちろん日産社員への“特典”はありませんよ(笑い)」

引用:週刊ポスト

やはり世界トップレベルの人物の妻ともなると行動が素晴らしいですね!

日本にレバノン料理がないからからやろうなんて行動力がすごいです!

そして繁盛していたみたいですね!

 

店名は『マイレバノン』

レバノン料理を出すお店だそうです。

住所は東京都 渋谷区 恵比寿西 1-33-18 コート代官山 B1F

でも残念ながら2008年に閉店しています。

 

お店に行った客の感想

以前ベリーダンスをならった時の先生がショーをやるというので、代官山のレストランMY LEBANONへ。ここ、カルロスゴーンの奥さんの店。彼ってレバノン人だったんですね~。レバノン料理の店は東京でここだけ!店は比較的静かな通りにあるというのに。店内はほぼ満員。オヤジだけのテーブルがあったりしたので、彼らはきっとベリーダンスのショー目当てなのでしょう。レバノン料理は、あっさりしたトルコ料理と行った感じ。結構美味しかったです。そしてベリーダンスショーはお客さんも踊る踊る。楽しい一夜でした。

引用:https://blog.goo.ne.jp/shoegirl_in_nyc/e/72910bdb07b3f56dbf46e49d6f4a61e1

 

スポンサーリンク



 

ゴーンと元妻リタとの離婚理由は?

ゴーン,妻,レストラン

コーン氏とリタさんは2015年6月に離婚しています。

その原因がなんと「DV」と「不倫」だったと週刊文春が報道していました。

長いこと夫婦関係だった2人ですが、2010年ごろから離婚協議をしていたそうです。

2010年にゴーン氏のパソコンが不具合があったらしくそのパソコンをリタさんがメンテナンスをしていたら、たくさんの女性と怪しいメールのやりとりをしているのを発見したそうです。

そのメールを見たリタさんが、ゴーン氏に話したところ「いつでもお前を滅ぼすことができる」といわれ「私の首を絞めた」と話していますが、ゴーン氏の弁護士は「彼女の妄想だ」と話しています。

真実はどうなんでしょうね?

 

ゴーンの元妻リタさんに関するツイッターの声

ゴーン,妻,レストラン

https://twitter.com/lamaakea/status/1212723687184449537

 

ゴーンの元妻がレストランを経営していた?現在の経営状況は?のまとめ

ゴーン,妻,レストラン

POINT

・ゴーンの元妻はリタ・ゴーン!

・2004年からレバノン料理のお店を経営して2008年には閉店していた。

・離婚の原因はゴーン氏の不倫とDVと言われている。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、ゴーン氏の元妻リタさんが経営していたレバノン料理のお店について調べてみました。

もう閉店しているので食べに行くことはできないですが、レバノン料理とか気になりますね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

関連記事についてはこちらをご覧ください⬇︎

カルロスゴーンとミスタービーンがそっくりすぎてクイズに?見極め方は?

ゴーンの自宅はどこ?港区にある元麻布ヒルズと判明!

ゴーンの娘の大学はどこ?やはり卒業後も輝かしい経歴だった!

ゴーンとキャロルの結婚式はベルサイユ宮殿?日程や費用は?

キャロル夫人の経歴は?年齢・国籍・最初の結婚などについて!

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA