レムデシビルの副作用は?妊婦にも使える薬なの?

レムデシビルという薬が新型コロナウイルスに効果があるってことで承認されましたね。

でも薬は基本的に副作用が必ずあるんで、誰でも使えるわけではありません。

いったいどんな副作用があるんでしょうか?

また妊婦にも使えるのか気になるところです。

この記事はレムデシビルの副作用についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク



 

レムデシビルの副作用は?

レムデシビルの副作用は以下のものが多く報告されているようです。

  • 肝機能障害
  • 下痢
  • 皮疹
  • 腎機能障害

 

また重篤な副作用としては、

  • 多臓器不全
  • 敗血症性ショック急性腎障害
  • 低血圧

 

と言われています。

これらの重篤な副作用はなかなか怖いですね。

どんな薬にも副作用が存在します。

とはいえ重篤な副作用を見てしまったら一瞬躊躇してしまいそうですね。

一番は新型コロナウイルスに感染しないことですが、感染して重篤化してしまったらレムデシビルを使用することになりそうです。

 

妊婦にも使える薬なの?

レムデシビルが妊婦に使えるかどうかの情報はありませんでした。

もう少し詳細がわかりしだい、更新していくのでブックマークをお願いしますね!

でもレムデシビルはもともとエボラ出血熱の治療薬として開発された薬のようで血液に関係しているから妊婦さんには仕えなさそうなイメージありますね。

とはいえ68%の人が改善したという報告もあるので新型コロナウイルスに感染した人にとっては希望の光になりそうです。

 

スポンサーリンク



 

レムデシビルに関するツイッターの声

 

レムデシビルの副作用は?妊婦にも使える薬なの?のまとめ

 

まとめ

・レムデシビルの副作用は

  • 肝機能障害
  • 下痢
  • 皮疹
  • 腎機能障害

・レムデシビルの重篤な副作用は

  • 多臓器不全
  • 敗血症性ショック急性腎障害
  • 低血圧

・レムデシビルは妊婦に使用できるかは不明。

 

それにしてもアビガンはどうなったんでしょうか?

レムデシビルよりアビガンの方が効果があるみたいな話をしていましたが、今後アビガンもしょうにんされるんですかね。

でも世界中の研究者が新型コロナウイルスの治療薬の開発に力を注いでいるからこそここまで早く認可されたってことだと思うので、なんだか心強いですね!

 

関連記事についてはこちらをご覧ください⬇︎

レムデシビルの開発者はだれ?開発元はどこ?

レムデシビルの入手方法は?新型コロナウイするに効果あり?

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA