ノーベル賞のメダルのデザインは?歴代メダルや各賞の違い!

日本人がまたノーベル賞受賞したニュースが飛び込んできましたね!

でもノーベル賞のメダルってどんなデザインなんでしょう?

今までのメダルと違うのでしょうか?

今回はそんなノーベル賞のメダルについて調査してみました。

スポンサーリンク



 

ノーベル賞とは?彼が残した遺言が始まり?

ノーベル賞とは、スェーデンの発明家・起業家のアルフレッド・ノーベルがきっかけで始まった賞です。

ノーベルは、ダイナマイトをはじめとするさまざまな爆薬を開発・生産して戦争に使われるようになり、巨万の富を気づきました。

1888年にノーベルのお兄さん(リュドビック)が死去した時に新聞記者がノーベルが死んだと間違えて「死の商人・死す」と報道したことに困惑し、自分の死後に自分のことをどう記憶されるのか不安になったようです。

そこでノーベルはこういった遺言を残し、1896年に死去しました。

「私のすべての換金可能な財は、次の方法で処理されなくてはならない。私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立し、その毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする」

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E

ノーベルの死去後、この遺言をもとに始まったのがノーベル賞です。

 

小学生の頃、彼の伝記を読んだことがありましたが、すっかり忘れていました。

なにせ子供の頃の記憶で曖昧だったんで汗

それにしても資産というのはどれぐらいあったのでしょうか?

彼の総資産の94%(2100万スェーデン・クローム)がこのノーベル賞に使われているようです。

当時の額にして230億円、現在は運用されて510億円とも言われています。

 

毎年、ノーベル賞の受賞者全てに総額6000万クローナ(約7億4000万)の賞金を授与しているそうです。

 

ノーベル賞の賞別デザインは?

ノーベル賞は物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞、経済学賞の6賞あります。

この6賞はす少しずつメダルのデザインが違います。

表面は全てノーベルの横顔がデザインされていますが少しずつ違い、物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞は同じデザイン、平和賞、経済学賞が若干違うデザインです。

 

裏面のデザインは物理学賞と化学賞は同じデザインで、女神が雲の中から現れて、右手にはギリシャ神話の豊饒の角を持っています。女神の厳格な表情の顔をおおっているベールを右側の「科学の天才」が持ち上げている様子が描かれています。

生理学・医学賞のメダルは病気の少女のどのの渇きを癒すために、左側の「薬の天才」がサビの上に本を開いたまま、岩から流れる水を手で集めている様子が描かれています。

文学賞のメダルは右側の月桂樹の下に腰を下ろした青年が左側のギリシャ神話のミューズ神の歌に魅了されて聞きながら書き取る様子が描かれています。

 

ノーベル賞の歴代メダルは?

ノーベル賞受賞のメダル授与は1902年から始まりました。

それまではメダル授与されていないってなんか悲しいですね。。。

 

調査した結果、ノーベル賞のメダルのデザインは初回から変わらないようです。

1902年から2020年の118年間の間、デザイン自体が変わらないってのもすごいですね。

 

ただ1980年までのメダルは24Kの純金だったのに対し、現在では18Kを元に24Kでメッキしただけのもに変更されました。

変更された理由は金銭的な理由ではなく、傷つきやすいや曲がりやすいといった物理的な理由で変更されたとか。

スポンサーリンク



 

 

ノーベル賞受賞についての声

たくさんのお祝いメッセージがありますね!

日本人が受賞するってやっぱり誇らしい気持ちになりますね!

 

ノーベル賞のメダルのデザインは?歴代メダルや各賞の違い!のまとめ

POINT

  • ノーベル賞のメダル授与は1902年から始まった!
  • ノーベル賞のメダルは1980年以降18Kの24Kのメッキ!
  • ノーベル賞のメダルは歴代デザインは変わらないが各賞により若干デザインが違う!

いかがでしたでしょうか?

よく聞くノーベル賞ですが、歴史や各賞によって違いがあるんですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!タカヒロと言います。 日々の話題を提供できたらと思い、ブログを立ち上げました! 明日、学校の友達や職場の仲間と話せる話題を提供できたらと思っています。