米・タリバンの和平合意は具体的にはどんな内容?合意した背景は?

米,タリバン,和平合意,どんな内容

久しぶりにいいニュースが流れてきましたね!

アメリカとタリバンが和平合意したと言う話題が飛び込んできました。

第三次世界大戦なんかも呟かれていましたが、やっぱり平和な世の中が一番です。

でも和平合意の内容はいったいどんな内容なんでしょうか?

また合意した経緯なんでしょう?

いろいろ考えると疑問が湧いてきますね!

今回は『米・タリバンの和平合意は具体的にはどんな内容?合意した背景は?』について調査しました。

 

スポンサーリンク



 

米・タリバンの和平合意!

上記が先ほど流れてきたニュースです。

これで世界的に平和になっていくといいですね!

 

具体的にはどんな内容?

今のところ細かい内容までは伝わってきていないようですが下記の内容が決定しているようです。

  • 米側はアフガン駐留軍を削減
  • タリバンは国際テロ組織アルカイダとの関与を絶ち、アフガンをテロ攻撃しないことを確約

 

トランプ米政権は合意後、駐留軍を現行の1万2千~1万3千人から約8600人に減らす方針だそうです。

その後の状況に応じてさらに削減していくことも考えているとのこと。

ただこの考えはトランプ大統領は今年の11月に行われる大統領選挙で再び当選するよう、外交成果としてのアピールだとも言われています。

たしかにトランプ大統領ならこれぐらいのことは考えていそうですね!

 

スポンサーリンク



 

和平合意した背景は?

 

アメリカとアフガニスタンの反政府勢力タリバンは2018年の夏頃からアフガン戦争を終わらせるために本格的に平和協議を進めていました。

そしてアメリカは署名する前に和平に向けてタリバン側が真剣に和平を考えてくれているのかを測るために「7日間の暴力削減期間」を設けていて、その終了期間が昨日2020年2月28日でした。

2001年から始まったアフガン戦争ですがこれで終結に向けて進んでいくといいですね。

 

和平合意はちゃんと守られる?

 

この和平合意はちゃんと守られるのかと言う疑問です。

今のところ不透明なところが多いとも言われています。

アフガン情勢はまだ混迷している状態で、合意を維持できるかどうかというのが課題!

 

たしかに「全ての人が、合意したわけではないから」わからないですね。

モロイスラム解放戦線が、既にいくつもの勢力に分派してしまっており、全ての勢力を統制下においているわけではないからです。
さらに、今回の和平で、アブ・サヤフ系は、合意していませんから、アブ・サヤフ系のテロ行為は継続されるでしょう。
キリスト教徒側では、アブ・サヤフによるものなのか、モロイスラム解放戦線なのかの判別が難しく、アブ・サヤフがモロイスラム解放戦線を名乗ってテロ行為を行っているのか、モロイスラム解放戦線の違反なのかの判別が困難だからです。

この合意が維持できるといいですね!

 

米・タリバンの和平合意にかんするツイッターの声

 

米・タリバンの和平合意は具体的にはどんな内容?合意した背景は?のまとめ

POINT

・和平合意の内容

  • 米側はアフガン駐留軍を削減
  • タリバンは国際テロ組織アルカイダとの関与を絶ち、アフガンをテロ攻撃しないことを確約

・和平合意した背景は2018年ごろから和平協議が進められ「暴力削減期間」が終了後の合意

・和平合意はちゃんと守られるかは不透明といった見解があり。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は『米・タリバンの和平合意は具体的にはどんな内容?合意した背景は?』について調査しました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!Nai(ナイ)と言います。 日々の話題を提供できたらと思い、ブログを立ち上げました! 明日、学校の友達や職場の仲間と話せる話題を提供できたらと思っています。