旧マスク工場の会社太志の場所は?マスクの配布はいつどこ?

旧マスク工場,場所

鳥取県の会社が旧マスク工場でマスクを生産開始すると話題になっていますね!

素晴らしい会社だと思ったので、その会社について調べてみました。

また生産されたマスクの配布はいつどこになるんでしょうか?

今回は『旧マスク工場の会社太志の場所は?マスクの配布はいつどこ?』についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク



 

旧マスク工場で生産開始!

今回、旧マスク工場でマスクを生産開始するのは、鳥取市で中古農機具の整備や販売などを手がける会社「大志」という会社です。

社長の谷口健二さんは、工場を取得した際に前のオーナーから『大規模な感染症は、10年ほどの周期で発生する』と言われていたらしく、もしもの時のために工場を保管していたそうです。

前のオーナーもすごいですが、前のオーナーの考え方を守っていたた谷口さんも素晴らしい方ですね!

ネットでも今回の件についてかなり評判になっていますね!

鳥取は大丈夫だろw
はい映画化
富田くんのせいで評判が落ちたから
鳥取の名誉回復がんばれ

 

【鳥取県の会社太志】旧マスク工場はどこ?

鳥取県の会社「大志」の所在地は場所は鳥取県鳥取市河原町曳田12−2です。

 

 

 

スポンサーリンク



 

マスクの配布はいつどこ?

今のところ、「鳥取市やその周辺の地域に優先的に供給する方針」と話しています。

太志のある場所は鳥取市の中心からそんなに離れていないため、鳥取市周辺の地域から鳥取県全土に割ったっていくのではないでしょうか?

不足している地域は日本全土ですが、徐々に広がっていくことを考えると関東まで広がっていくのはずいぶん先になってしまうかもしれませんね。

でも太志は1日あたり最大10万枚のマスクの供給を目指して、生産ラインを稼働させるようです。

鳥取市の人口は57.06万人(2016年6月1日の時点)。

10万枚の量であれば単純に6日間あれば計算ですね。

残っている在庫のことや毎日使う人がいないことも考えると、1週間ぐらいでいったんは鳥取県全体に配布されるんじゃないでしょうか?

そうなると近隣の島根県、兵庫県、岡山県にも広がっていくのかもしれませんね。

 

ツイッターの声

 

旧マスク工場の会社太志の場所は?マスクの配布はいつどこ?のまとめ

POINT

・旧マスク工場がマスクを生産開始へ!

・会社は鳥取市で中古農機具の整備や販売などを手がける会社「大志」!

・マスクの配布は鳥取市やその周辺の地域に優先的に供給する方針!

 

いかがでしたでしょうか?

今回は『旧マスク工場の会社太志の場所は?マスクの配布はいつどこ?』についてまとめてみました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA