池田エライザが通っているキックボクシングジムはどこ?水溜りボンドのカンタの家から近い?

池田エライザさんがユーチューバーの水溜りボンドさんと交際しているとびっくりする話題が流れてきましたね!

気になったのはエライザさんが通っているキックボクシングジム!

あれだけキレイな方なのでどんなキックボクシングジムに通っているのか気になります。

そこで今回は、池田エライザさんが通っているキックボクシングジムについて紹介していきますね!

 

スポンサーリンク



 

池田エライザが通っているキックボクシングジムはどこ?

ユーチューバーがこんなにモテる時代が訪れるなんて、誰が想像しただろうか。

『CanCam』の専属モデルを卒業し、最近は女優としてドラマや映画にも精力的に出演している池田エライザ(24)。私生活では’16年12月に実力派俳優・村上虹郎(23)との熱愛が報じられた彼女だが、現在は意外な相手との交際をスタートさせていた―。

7月中旬、エライザが訪れたのは都内にあるキックボクシングジム。トレーニング後は、都内にある月額賃料150万~350万円、コンシェルジュ付きの超高級マンションへ帰宅。ここが、彼女と新恋人の豪華すぎる愛の巣なのだ。

エライザを射止めたのは、大人気ユーチューバー『水溜りボンド』のカンタ(26)。『水溜りボンド』はチャンネル登録者数435万人を誇る二人組で、都市伝説の検証や、相方へのドッキリをネタに、5年以上毎日動画を投稿している。動画の総再生回数は約32億回で、そこから推定される月収は500万円以上と言われるトップ・ユーチューバーだ。本誌は、前出のハイグレードマンションに出入りする二人の姿を何度も目撃してきた。

「昨年末の時点で、二人のことは仲間内では誰もが知っていましたよ。エライザさんがカンタさんの動画の収録に遊びに行ったり、友人知人を交えて、一緒に食事に行くこともあります。昨年5月に公開されたエライザさんの主演映画『貞子』に『水溜りボンド』がゲスト出演したのが、交際のきっかけになったようです。彼女は昨年映画監督にも初挑戦していますし、動画クリエイターとしてのカンタさんに惹かれたのかもしれませんね」(カンタの知人)

週末の夕方、動画の撮影を終えたカンタを直撃した。

――池田エライザさんとお付き合いされていますよね?

「僕の口からは何も言えないです」

――エライザさんとの交際について何かコメントを頂戴したいのですが。

「相手方のことを考えた時に僕自身の判断ではちょっと厳しいかな、と」

彼女を気遣ってか、カンタは「明言できません」と繰り返すのみ。

意外な組み合わせに思えたが、若者のカリスマ同士。案外、お似合いのカップルなのかもしれない。

7月31日発売のフライデー最新号では、同じマンションに出入りするエライザとカンタの写真を掲載している。

引用:Yahooニュース

びっくりした人も多いのではないでしょうか?

こちらに書いてある、池田エライザさんが都内のキックボクシングジムに通っていると言うことで調べてみたんですが、やはりどこにも載っていませんでした。

都内には複数のキックボクシングジムが存在するようです。

ざっと調べた中でもキックボクシングだけで97件は見つかりました。

その中でも一般的と言うよりはプライベートレッスンをしているジムになるとは思いますね。

始めたきっかけは2017年に広瀬すずさんに誘われたことがきっかけのようです。行ける時は週2回も通っているのであの美貌を維持できているんでしょうね!

 

池田エライザが通っているキックボクシングジムは水溜りボンドのカンタの家から近い?

記事の中には池田エライザさんがキックボクシングのジムの帰りに『水溜りボンド』カンタさんの家に向かっているようです。

そう考えると都内からさっと行けそうな場所になりそうですね!

 

スポンサーリンク



 

池田エライザに関するツイッターの声

 

池田エライザが通っているキックボクシングジムはどこ?のまとめ

 

まとめ

・池田エライザが通っているキックボクシングジムは都内。

・詳細は不明だがプライベートレッスンができるような場所。

・池田エライザが通っているキックボクシングジムから水溜りボンドのカンタの家は近い思われる。

 

今回は、池田エライザが通っているキックボクシングジムはどこ?水溜りボンドのカンタの家から近い?について紹介しました。

こう言う情報はほとんど出てきませんね!

またわかり趾第情報をアップしていきますね〜

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして!Nai(ナイ)と言います。 日々の話題を提供できたらと思い、ブログを立ち上げました! 明日、学校の友達や職場の仲間と話せる話題を提供できたらと思っています。