夏休み(2020)はなくなる?臨時休校の埋め合わせでゼロになる可能性も?

夏休み,2020,なくなる

コロナウイルスの感染拡大を防ぐために東京都は4月6日からG.W.明けまで臨時休校すると発表しましたね!

そうなると2020年(令和2年)の夏休みがなくなる可能性も出てきているんじゃないでしょうか?

臨時休校ということは、学生の学力低下にも関係してきそうです。

今回は『夏休み(2020)はなくなる?臨時休校の埋め合わせでゼロになる可能性も?』について考えてみました。

 

スポンサーリンク



 

夏休み(2020)がなくなる・もしくは短縮する可能性がある?

夏休み,2020,なくなる

3月も臨時休校という結果でしたが、新たに東京都が4月6日からG.W.明けまで臨時休校を続ける意向を発表しました。

 東京都教育委員会は、3月26日に各学校へ「都立学校版感染症予防ガイドライン」を周知し、学年毎などの分散登校や、午前10時始業などの時差通学を要請していた。しかし、都内で新型コロナウイルス感染症の陽性患者数が急激に増加し、感染経路のわからない患者が増えているなど、感染拡大の局面にある。子どもの健康と安全を第一に考え、春季休業の終了日の翌日から5月6日までの間、臨時休校とする。

引用:リセマム

そうなると、3月〜4月までほぼ全て休校ってことになっちゃいますよね?

かなりの期間が休みになるってことはそれだけいろいろな面で問題が起きてきそうです。

 

夏休み(2020)がなくなる可能性がある理由①:臨時休校分の授業が残っている

夏休み,2020,なくなる

学校が臨時休校になったということは、授業が無くなったということですね。

そうなると3月に行うはずだった授業と4月に行うはずだった授業の分が遅れてしまっていることになります。

臨時休校はこの世代の学力低下に繋がってくる重要なファクターになってしまいます。

国が対策を考えていくので、このまま授業がなくなるということはないでしょう!

学校によってはオンライン授業を始めているところもあるみたいですが、体育、家庭科、図画工作といったものはオンラインではできないですしね。

必ずどこかで埋め合わせで授業を行うことになる可能性が高いです。

 

夏休み(2020)がなくなる可能性がある理由②:臨時休校の期間=夏休みの期間

夏休み,2020,なくなる

3月にあった臨時休校は3月2日から春休みの期間です。

調べてみると一般的な春休みは、地域による差はあるものの3月26日から4月5日の11日間が一般的でした。

引用:HugKum

 

そこから3月に通学するであった曜日をカウントするとこんな感じです。

夏休み,2020,なくなる

となると3月に臨時休校で授業が休みになった日数は約16日間です。

4月も休みとなると

夏休み,2020,なくなる

4月29日の祝日を抜いても19日間の臨時休校期間

3月と4月を合計すると最大で25日間もの休校期間があったということになりますね!

2020年の夏休みを予想していたブログを参考に夏休み期間から登校日日数を考えてみます。

  • 北海道の札幌市で、7月23(木)~8月19(水)までの28日間。
  • 東北の宮城県仙台市で、7月21日(火)~8月24日(月)までの35日間。
  • 関東の東京都新宿区で、7月21日(火)~8月31日(土)までの42日間。
  • 関西の大阪府大阪市で、7月21日(火)~8月24日(月)までの35日間。
  • 中部の愛知県名古屋市で、7月21日(火)~8月31日(土)までの42日間。
  • 中国の広島県広島市で、7月21日(火)~8月31日(土)までの42日間。
  • 四国の愛媛県松山市で、7月21日(火)~8月31日(土)までの42日間。
  • 九州の福岡県福岡市で、7月21日(火)~8月26日(水)までの37日間。
  • 沖縄県那覇市で、7月21日(火)~8月25日(火)までの36日間。

引用:明快情報ブログ

東京を基準に考えると42日間のうち月〜金曜日は日付は27日間

たださすがにお盆は休みになると思うので、8月13日〜17日の4日間を除外するとちょうど25日間(土日は除外)

臨時休校期間が25日間で夏休みの月〜金曜日(お盆を除外)が25日間ということは、臨時休校した分がちょうど埋め合わせできる期間となりますね!

 

スポンサーリンク



 

夏休み(2020)がなくなる可能性がある都市は?

夏休み,2020,なくなる

現在4月に臨時休校を発表している東京都や大阪府などは夏休みがなくなる、もしくは少なくなる可能性はあるんじゃないでしょうか?

神奈川県でも4月の臨時休校が決まっているので神奈川県も可能性として高いかもしれませんね!

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、神奈川県は30日、県立学校(高校、中等教育学校、特別支援学校)について、始業式が予定されていた4月6日から2週間程度、臨時休校を続けると発表した。ふだん多くの生徒が公共交通機関で通学していることを考慮したという。

引用:朝日新聞

もちろん3月はほぼ全ての県が臨時休校だったので、47都道府県で夏休みがなくならないにしても短くなる可能性は高そうです。

 

夏休み(2020)がなくなる?全ての学校が当てはまるわけではない!

夏休み,2020,なくなる

間違えないで欲しいのは全ての学校が当てはまるとは思っていません。

あくまで可能性があるんじゃないのかって話です!

3月4月に全ての学校が臨時休校ではないですし、都道府県の対策によっても違います。

保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校によっても違うし、私立や公立によっても対策が違います。

また分散登校やオンライン授業を行っている学校もあるので、一概に全ての学校が夏休みを返上して授業に当てるとは思いません。

ただコロナウイルスの影響で臨時休校があった事実から考えると、夏休みがなくならないにしても短くなる可能性は高いんじゃないでしょうか。

 

夏休み(2020)に関するツイッターの声

 

夏休み(2020)はなくなる?臨時休校の埋め合わせでゼロになる可能性も?のまとめ

夏休み,2020,なくなる

POINT

・夏休み(2020)がなくなる理由①!臨時休校分の授業が残っている!

・夏休み(2020)がなくなる理由②!臨時休校で休みだった期間=夏休みの期間!

・夏休み(2020)がなくなる可能性がある都市は全ての都市で可能性がある!

・都道府県の対策や学校によって対策があるので、全ての学校が夏休みがなくなるわけではないが短くなる可能性はありそう!

 

いかがでしたでしょうか?

今回は『夏休み(2020)はなくなる?臨時休校の埋め合わせでゼロになる可能性も?』について考えてみました。

新型コロナウイルスによって臨時休校になった弊害はありそうですね!

はやく収束して欲しいものです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

スポンサーリン



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA